製菓・医療事務・雑貨・アパレル・フラワー・イラスト・まんが・ホテル・地域観光のスペシャリストを養成する専門学校

検索

【学生インタビュー】短大・専門中退からヒロビジを選んだワケ

短大、専門学校を中退後、進路変更して本校で学ぶ学生2名へのインタビュー!
進路に悩む皆さん、ぜひご参考になさってください(*^-^*)

☆CASE1☆地域観光ビジネスコース・笠岡さん『看護学校から本校へ進学』

Q1.看護学校から広島ビジネスに進路変更した理由は?
もとは看護師とツアープランナーという仕事に興味をもっていて。それで看護学校へ進んだものの、どんどん観光系の仕事への思いが強くなって進路変更を決意したんです。最初は就職も視野に入れていましたが、ビジネスマナーなどのスキルを身につけながら観光の勉強をしたいと思って、ヒロビジへ再進学しました。

Q2.広島ビジネスを選んだ決め手は?
『国内旅行業務取扱管理者(国家資格)』を無理なく取得するために、半年間集中して学べるカリキュラムが組まれていること!それに観光の勉強以外にもWordやExcel、簿記など社会人必須のスキルが身につくので、私にぴったりだと思いました。

Q3.地域観光ビジネスコースの魅力は?
やっぱり国内観光を深く学べるところです。特に私が好きな授業は、北海道から沖縄まで温泉や観光名所、お祭りなどその土地の名所や文化を調べる『国内観光地理』。行ったことの無い土地のことを知るのは楽しくて、色んな場所に行きたくなっちゃいます!

△ツーリズムEXPOジャパンに参加した際に撮影した写真

Q4.ずっとやりたかったことを学んでみてどう?
大変だけど楽しい!特に国家試験対策では旅行業法や約款など初めて学ぶことが多いですが、先生が出題傾向を分析しポイントを絞って教えてくださったので、安心して取り組め、合格することができました!!それに他コースの友達が頑張る姿がいい刺激になって「私も頑張ろう」とやる気が出ます。そんな友達に出会えたし、この道を選んで本当に良かったです。

△合格率が約30%の難関国家資格に見事合格!

☆CASE2☆医療秘書コース・槙原さん『短期大学から本校へ進学』

Q1.短大から広島ビジネスに進路変更した理由は?
短大では臨床検査技師の勉強をしていました。でも高校生の時に医療事務の方から聞いた「しんどい思いを抱えた患者さんに最初に優しく笑顔で声をかけて、少しでも不安を減らしてあげられるのが“病院の顔”である医療事務の仕事」という話がずっと残ってて。学び続ける中で、自分は人に寄り添う仕事の方が向いていると思ったんです。

Q2.医療の知識がなくても授業についていけますか?
学生のほとんどが、医療知識ゼロからスタートします。そのため、医療用語自体、初めて見聞きするものばかり。でも、先生方が事例を交えながら分かりやすく教えてくれるし、何より「医療事務になりたい」気持ちを持つ仲間と一緒に学ぶので自然と知識が身につきますよ。

Q3.短大の授業との違いは?
大学は学生数が多く、授業中に質問してすぐ疑問解消っていうのがなかなかできませんでした。授業終わりに先生をつかまえて個別に聞かないといけなくて。その点、ヒロビジだと少人数制なので分からないことがあれば先生にすぐ聞いて、その場で解決できるから理解も早くなります。自分にはこのスタイルが合ってると感じます。

Q4.難しい検定はありましたか?
診療報酬請求事務能力認定試験が難しくて、内容はもちろんなんですが、私には試験中3時間休憩なしというのも難関でした。でも同じような環境を先生が作ってくださり過去問をひたすら解くうちにペース配分も分かりましたし、検定前は同じ目標を持つコースの仲間と苦手な問題を教え合ったりすることで、自信を持って挑むことができました!

2020年4月入学の願書の受付を全てのコースで行っています。
本校へ興味をお持ちの方は、お気軽にお問合せ、個別の来校見学、オープンキャンパスへご参加ください(^O^)/

◆事前連絡、お申込はコチラから◆
お問合せ ⇒ フリーダイヤル0120-390095 お問合せ入力フォーム
個別の来校見学 ⇒ お申込みフォーム
オープンキャンパス ⇒ 開催日程一覧

参加無料

オープンキャンパス

“高校1・2年生対象” Xmas進路フェスタ 12月21日(土)

就職内定実績

  • 内定先:浜脇整形外科病院
  • 職 種:医療事務スタッフ

一覧はこちら

ツイッター

動画で見る

進学ガイダンス情報はこちら

  • 姉妹校
ページの先頭へ戻る