製菓・医療事務・雑貨・アパレル・フラワー・イラスト・まんが・ホテル・地域観光のスペシャリストを養成する専門学校

検索

4人の在学生へリアルインタビュー!

『大学志望から…』
『通信制高校から…』
『県外から…』
『自分向きだから…』
さまざまな環境、事情から広島ビジネス専門学校へ入学し、夢や目標に向かって頑張る4人の学生へのリアルインタビューがまとまりました!
本校への入学を検討している方、進路研究をされている方、ぜひ参考になさってくださいね♪
※画像をクリックするとインタビュー動画が流れます。

『大学志望から入学
キャリアデザインコース 濱田麻未さん(広島文教女子大学附属高校出身)
☆内定先☆ 広島県信用組合
濱田さんyoutube
※上記画像をクリックするとインタビュー動画が流れます
Q1 大学に合格していたのに、なぜ専門学校に方向転換したの?
もともと早く働きたいという気持ちがありましたが、クラスのみんなが大学進学なので自分も何となくその流れになってしまって。でも目的もなく大学行って何するんだろうと疑問に思いました。大学に行っても4年後、最終的に就職しないといけない。その頃世の中がどう変わっているかわからないし、4年って長い!それだったら2年でスキルが身につき、資格が取れる専門学校へ進学して、就職に備えようと思いました。

Q2 広島ビジネスのキャリアデザインコースを選んだ決めては?
幅広くビジネス系の資格を取得できるので就職に強いこと。入学時に将来の夢や目標が具体的に決まっていなかった私にぴったりのコースでした。

Q3 資格と取るのは大変じゃなかった?
高校では、全然パソコンができなったのに、先生が丁寧に指導してくださったおかげで社会人に必須のWordやExcel、Power Pointの資格を取ることができました。一番難関だったのは経理業務に必要な計算能力が問われる計算実務能力検定です。最初は黒板を写すのが精一杯でしたが、検定試験前には、放課後も先生が付きっきりで教えてくださり、念願の1級合格!自分でも信じられません。大学に進学した友人たちからは、「資格が就職の強みになっていいね」と羨ましがられました。第一希望の金融機関から内定をいただけたのも資格が評価されたからだと思っています。

キャリアデザインコースの詳細 ⇒ コチラ

『通信制高校から入学』
ホテルコース 大河原 郁也さん(KTCおおぞら高等学院広島キャンパス出身)
☆内定先☆ リーガロイヤルホテル広島
大河原くん
※上記画像をクリックするとインタビュー動画が流れます
Q1 通信制高校からの進学に不安はなかった?
毎日学校へ通うことができるだろうか。そんな不安を抱えて入学しました。でもヒロビジは、私がイメージしていた「学校」ではなかった。製菓パティシエコースの実習室からケーキの甘い匂いがしたり、フラワーデザイナーコースの学生がきれいな花を飾っていたり。とても温かな雰囲気で心が落ち着きます。先生方も接しやすい方ばかりです。担任の先生は、さりげなく声をかけてくださったり、検定では細やかなサポートをしてくださいます。対人関係が苦手だった私が、無理しなくても自然にとけ込め、他コースの友だちまでできました。ヒロビジは、自分は自分のままでいいんだと、思わせてくれる場所です。

Q2 入学して、自分が変わったと思う?
はっきりとした目標ができ、日々、そこに向かって前進している実感があります。例えば実習の授業では、プロのホテルマンの先生方が直接指導してくださいますが、ホテルのリアルな話が聞けて、毎回楽しみです。勉強なのにワクワクします。一流ホテルと同じ環境を備えたホテル実習室では料理などをサーブしたりカクテルを作ったり実践的に繰り返します。最初はできなかったことが、できるようになっていくと、もっと自分はできる、という自信や意欲が生まれます。高校の時より、今の自分が何だか好きです。

Q3 進路に迷う人たちへアドバイスは?
将来や進路をどうするかを早く決めなくちゃと、焦る必要はありません。自分が納得できるまで悩んだり迷ったりした方がいいと思います。私もホテルマンになろうと決めるまで、時間がかかりました。少人数制で資格取得や就職までしっかりサポートしてくれるヒロビジなら、今の自分でもできると思いました。じっくり考えたから、周りに流されなかったから、自分に合ったこの学校が選べたし、第一希望のホテルから内定をいただけたのだと思います。

ホテルコースの詳細は ⇒ コチラ

『県外から入学』
医療秘書コース 河野ありかさん(山口県立新南陽高校出身)
☆内定先☆ 石川眼科 ※Uターン就職
河野さんyoutube
※上記画像をクリックするとインタビュー動画が流れます
Q1 地元の山口県内の学校ではなく、広島ビジネスを選んだのは?
最初、山口県内の学校と、ヒロビジで迷っていました。決め手となったのは、高校3年生の時に参加したオープンキャンパスです。ヒロビジのオープンキャンパスは、とにかく明るく楽しい雰囲気だったし、医療の先生と在学生の距離が近かった。「この学校なら、医療事務の勉強を頑張れそう!」って思い、ヒロビジへの進学を即決しました。それに、どうせ学ぶなら医療系の資格をたくさん取得して、就職後、即戦力になりたいと思っていたし、ヒロビジは平均の資格取得数が14.4個。他校と比べるとかなり多いです。

Q2 広島ビジネスの魅力って何だと思いますか?
分野の違う8コースがあって、それぞれのコースで学生みんながいろんな夢や目標を持っていることです。ケーキを作ったり、フラワーアレンジをしたり、フィールドワークで観光名所を訪れたり、プロになるために頑張っている他コースの学生を見ると、刺激を受けて「私も頑張らなきゃ」って自然とやる気が出てきます。

Q3 医療秘書コースを選んで良かった?
目標としていた医療系資格は全て取得できているし、Uターン就職も叶ったし、ヒロビジを選んで最高です!そう思えるのは、勉強や就活、いろんなイベントに一緒になって取組んできたコースの仲間や、いつもサポートしてくれる先生の存在が大きいです。例えば、入学後、初めて受けた医療系の資格・医療秘書技能検定の試験前には、「全員で合格しようね」と声を掛け合って勉強して、実際、全員合格した時は本当に嬉しかった。資格試験が続いて息抜きをしたい時には、担任の先生がバーベキューやボウリング大会を企画してくれ、私たちのやる気を引き出してくれるし、毎日が充実しています。

医療秘書コースの詳細は ⇒ コチラ

『自分向きだから入学』
堂河内亜美さん(広島県立廿日市西高校出身)

堂河内さん
※上記画像をクリックするとインタビュー動画が流れます
Q1 複数の専門学校の候補がある中で、広島ビジネスを選んだ決め手は?
私は、ずっと絵を描くことが好きで高校も美術部に入り作品制作をしていました。その熱中する時間が楽しくて、将来の仕事にできたらと考えていました。大学でも専門学校でも芸術やデザイン系の学校はありましたが、少人数制でノビノビした雰囲気のヒロビジが一番私には合うと思いました。マンツーマンで先生が熱心に教えてくださるのも安心。競い合ったり、ピリピリした雰囲気は苦手です。

Q2 イラスト&まんがコースの魅力は何?
このコースのいい点は、半年間、基礎を学び、イラスト、まんが、広告デザインなど、いろんな作品を作っていくうちに自分が専門にやっていきたいことが見つけられ、その後さらに深く突き詰めて学べるフィールド制を導入しているところです。どの授業も一流クリエーターとしての経験豊富な先生方が指導してくださって、技術力はもちろんですが、いつも発想力のすごさに驚かされます。先生方のおかげで、手で描く基本の大切さがわかるし、Macで広がるクリエィティブな世界もどんどん楽しくなります。

Q3 広島ビジネスで何か変わった?
スピーチやプレゼンテーションで人前で話す力がついたこと、そしてデザインやイラスト制作をMacを使ってデジタルでできるようになり、自信がついたことです。自分が以前より成長できていることを実感し、ポートフォリオ(作品集)を作りながら、将来を真剣に考えられるようになりました。この人の作品をもっと見たいと思われるようなクリエーターをめざしたいです。

イラスト&まんがコースの詳細は ⇒ コチラ

参加無料

オープンキャンパス

全コースⅩ【特別版】クリスマス篇 12月15日(土)

就職内定実績

  • 内定先:ウィーンの森
  • 職 種:パティシエ

一覧はこちら

ツイッター

動画で見る

進学ガイダンス情報はこちら

  • 姉妹校
ページの先頭へ戻る